2014年05月26日

東京優駿(日本ダービー)2014 1番人気馬と気になる馬について

予想通りハープスターはやはり府中の2400mは向きませんでしたね。
それでも連を死守したのは能力の高さゆえでしょう。悲観する事は何も有りません。

今週は競馬の祭典、日本ダービーですね。
恐らく1番人気はフジキセキの実質ラストクロップ、イスラボニータでしょう。
ところが、芝2400〜のOP・重賞でのフジキセキ産駒の成績は良くありません。
【内訳】:0-0-1-0-5-21/27(過去5年)。

これはフジキセキがIn Reality経由でWar Relic3×3のクロスを持つことに由来すると考えられます。
War Relicという馬は硬さのある豊富な筋肉を子孫に強く伝え、パサパサのダートなど、力のいる馬場で適性を発揮します。
フジキセキ産駒で言えば、カネヒキリなどのイメージです。

pp09.jpg
カネヒキリ(競馬ブックさんより引用)

クラシックディスタンスやそれ以上の距離になると、しなやかさ、柔らかさ…細身でスラっとしていて、脚の長さ(特に後ろ脚)が求められます。
ダンスインザダーク、スペシャルウィークなどのイメージです。

c79a7a95e8a96604a4eaf775fb4cbf94.jpg
スペシャルウィーク(馬市.comさんより引用)

イスラボニータは母父Cozzeneの影響が強く、脚長で一完歩が大きく、ストライドを伸ばして走る馬です。
東京コース向きなのは明らかですが、距離に不安があります。
2400mという距離を克服して2冠を達成するには、ある程度ゆったりとしたペースで流れる必要があるでしょう。

イスラボニータに逆転できそうな馬の筆頭として挙げたいのがハギノハイブリッドです。
未勝利戦を勝ちあがり、2勝目を挙げるまでに時間を要しましたが、そこからの成長度に目を見張るものがあります。
500万下勝ちから中2週でGIIの京都新聞杯を制したというのは特筆すべき事項でしょう。
1週前のフォトパドックを見るとそこから更に上昇カーブを描いているように見えます。

血統的にも父はダービー馬タニノギムレット、母父はスタミナ豊富なトニービン、母母はスティンガーの全姉で、母母自身も東京2000mのGIIを制しています。
間違いなくダービー向きだと言えるでしょう。

また、所属厩舎が現役唯一2度ダービーを制している松田国英厩舎だというのも魅力です。
「最もダービーの勝ち方を知っている」男が、どんな仕上げで出走させてくるのか。
あまり人気はしないでしょうし、究極仕上げでの激走に期待したいところです。
posted by Lion at 12:21 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

優駿牝馬(オークス)2014/予想

○ハープスターのここまでの戦績はほぼパーフェクト、大本命に相応しい馬なのは間違いない。
だが、私の学んできた血統論からすると、この馬は東京2400mが向くとはとても思えないのだ。
4代母MoonscapeはTom foolとBold Rulerの組み合わせが特徴で、足の回転の速さを子孫へ強く伝えた。
ハープスターもその例に漏れず、非常に早いピッチで走るタイプの馬だ。
ストライドを伸ばして走る馬に比べると、ピッチで走る馬は距離適性が短いと相場が決まっている。
また、母父ファルブラヴの産駒は基本的に短距離馬〜マイラーだ。
エーシンヴァーゴウ、アイムユアーズ、フォーエバーマーク、ダンスファンタジア…
絶対能力の高さで勝つ可能性は勿論あるが、ここまで人気するのであれば評価を下げて他の馬から入ってみたい。

◎サングレアル。
父ゼンノロブロイはオークス馬サンテミリオンを輩出。
母ビワハイジは女傑ブエナビスタを筆頭に、活躍馬を多数産んだ名牝だ。
東京2000mを経験している強みは大きく、キャリア3戦目、4ヶ月の休み明けでGIIを勝ったその潜在能力の高さには驚かされた。
ここは一角崩しがあってもおかしくない。

◎の単複。
posted by Lion at 08:18 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

ボツネタ供養(JRAプラス10編)

「JRAプラス10」、競馬ファンの皆さんならご存知だとは思いますが、今回はそれに関するネタを少し。

普通なら複勝元返しになるところが、特別に上乗せして配当が110円になるアレです。
http://www.jra.go.jp/keiba/plus10/
といっても、単純に複勝110円を狙うだけの作戦では「やってみようかな」とはなりにくいので、もうひと捻りしてみましょう。
そこで、「複勝配当上限が110円の馬が居るレースを攻略する」という作戦で行きたいと思います。

複勝配当上限が110円の馬がいる平地のレースについて過去2年ぶん調べてみたところ、面白いデータが出てきました。
【単勝1倍台前半の馬の方が回収率がいい】
「1番人気を買い続けると必ず負ける」というのは有名な話ですが、実は単勝1倍台前半の馬は回収率が意外といいです(単87%/複96%)。
ところが、1倍台後半の馬になると単75%、複88%と一気にダウンしてしまいます。

勝率・連対率・複勝率で比較すると…
1倍台前半:65.9%/84.4%/90.0%
1倍台後半:46.1%/70.6%/81.1%

明らかな差がある事が分かります。

【京都外回りのGII、GIは危ない】
この2年の重賞で複勝配当上限が110円の馬のうち、馬券圏外に飛んだのは…
12年天皇賞春(オルフェーヴル:11着)
13年天皇賞春(ゴールドシップ:5着)
13年京都大賞典(ゴールドシップ:5着)
14年京都記念(ジェンティルドンナ:6着)

この4ケースです。すべて、京都外回りのGII・GIIという共通点がありますね。
ところがGIIIになると、3着どころか連すら外していません。

【1000万下も危ない】
こちらの画像ファイルの通り、1000万下は明らかに数値が低いです。
クラス別_複勝率.png

内訳を調べてみましたが、主に「降級」が絡んでいるケースが多いようです。
というのも、人気を裏切って飛ぶのは3歳の7月〜4歳の6月に集中しているからです。


・クラス再編のあとメイチ仕上げで好走→人気するも反動で飛び
・降級を見越してメイチ仕上げで好走→人気するも反動で飛び
・降級を見越して緩い仕上げで出走して飛び(降級後激走)

考えられる理由として挙げられるのはこのあたりでしょうか。
今回は1000万下のみを取り上げましたが、夏競馬の該当馬はすべてのデータにおいて春競馬・秋競馬を下回っていて、これらは同じ理屈で説明できるでしょう。


先週の阪神大賞典のゴールドシップ(複勝110円)の取捨に悩んだ方も多いのではないでしょうか。
僕は「京都外回りのレースではない」という理由から、アタマ固定で買えるという予想をしました。
結果は御存知の通り、人気に応えての快勝。
次走は京都外回りの天皇賞(春)ですが、さてどうなることやら…。
posted by Lion at 22:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする