2011年04月11日

桜花賞 後出し予想&回顧

高松宮記念は予想通り、キンシャサノキセキ-サンカルロ-アーバニティで決まりました!
GIレースでここまでぴったり当たると気持ちいいですね〜。馬券もきちんと取れて、今年の累計収支もプラスに。(本日ちょうど回収100%になりました)

桜花賞の予想記事と阪神競馬場の写真付き現地レポートをアップするつもりでしたが、更新がレース後のこの時間になってしまい申し訳ありません。
後出しになりますが、回顧を兼ねた予想の披露を。

現在の阪神の芝は開催が進んだのと降雨の影響で、やや荒れ気味。パワー寄りのサンデーサイレンス系の馬にピッタリな感じ。
適正距離〜1600寄りの馬よりは適正距離1600〜寄りの馬の方が良さそう。
内々で足を溜めて、直線で息の長い末脚を繰り出せそうな馬・騎手を買いたい。
大外をぶん回しそうなホエールキャプチャとライステラスは嫌ってみたいと思います。

長くいい足を使えるタイプのディープインパクト産駒が好走しそう、ということで、そちらの取捨から考えてみました。
当然本命はマルセリーナ。間隔は開いていますが、ある程度位置取りに融通がきくのと、シンザン記念のハイレベルなメンバーで好走したのを評価しました。
メデタシは人気よりは走りそうだけど馬券圏内は少し厳しそう、
ハブルバブルは臨戦過程が厳しそうなので抑えまで。

次点はリンカーン産駒のデルマドゥルガー。牡馬相手に強い競馬をしたジュニアカップを評価。内々で上手に立ちまわれれば。
三番手がトレンドハンター。ハイペースの芝1800で勝っているのと、鞍上の好調さ・パドックの気配から買い。
あとはファルブラヴ産駒のスピードリッパー。1800mの勝ち鞍があり、距離はこなせそう。そしてなにより人気薄。3着に来れば。
それからマイル適性の高さでダンスファンタジアを。

◎マルセリーナ
○デルマドゥルガー
▲トレンドハンター
△スピードリッパー、ダンスファンタジア、ハブルバブル



レースは予想通りフォーエバーマークが引っ張る形に。マルモセーラ、サクラベルが直後を追走。このあたりは予定通りといったところ。
ある程度ペースが早くなるのは予想通りだったのですが、思ったより縦長にならずに馬群はグッと詰まったまま。1000m通過が58.5秒の速い流れで、全馬一団のまま4コーナーへ。
スタートが良くなかったマルセリーナは内の最後方で万事休すと思われましたが、馬が強かった。
馬群をこじ開け、馬群の真ん中から素晴らしい勢いで抜けだすと、そのまま全馬を抜き去り先頭へ。
予想通り大外を回したホエールキャプチャの追撃を振りきって、見事優勝。
3着には大外を回したホエールキャプチャより更に後ろから競馬をしたトレンドハンターが、4着は最後方待機のメデタシが食い込み、桜花賞の優先出走権を手に入れました。

厳しい流れで前が潰れる中、後ろにいた4頭が上位を独占する形に。
マルセリーナは立ち回りの巧さで勝った印象。オークスでも引き続き有力ですが、府中コースで過信は禁物かも…
ホエールキャプチャは1600mが丁度良さそう。勝ち馬とはコース取りの差(騎手の差)。血統的に2400への延長は微妙では…。
一番評価したいのがトレンドハンター。2着馬よりも追い出しが遅れたのと、他馬が邪魔になって一度減速しながらも、1・2着馬を上回る上がり3Fタイム。オークス向け。
メデタシは展開利が大きそう。上位3頭とはだいぶ差があるように思えた。
他ではハブルバブルも2400の方が向きそうだが・・・調子が下り坂なので、買いづらい。

上位3頭以外はオークスでは要らないかな、という印象。
今年のオークスは、忘れな草組・スイートピー組・フローラ組から1頭もしく2頭は馬券に絡むのでは。
桜花賞組からは、マルセリーナを抑えに回して、トレンドハンターから買ってみたい。
posted by Lion at 03:52 | Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

東京新聞杯回顧

2月6日の東京メインレース、東京新聞杯。
予想は殆どせず馬券も買いませんでしたが、出走馬自体は好メンバーで結果にはかなり興味があったので、
twitterに書いた分をまとめて、回顧記事にして残そうと思います。
今回は出走馬一頭一頭にスポットライトを当てて分析するという形式で。

東京新聞杯 走破タイム1.32.5
1着:スマイルジャック
2着:キングストリート
3着:ゴールスキー
4着:キャプテンベガ
5着:オーシャンエイプス
6着:シルポート
7着:ダノンヨーヨー
8着:リクエストソング
9着:カウアイレーン
10着:ネオヴァンドーム

シルポート
終始ファイアーフロートに競られて最初の二ハロンで足を使わされ、その後もペースをほとんど落とせないまま直線へ。
斤量58kgはGI勝ちのショウワモダン(15着)に次ぐ2番目に重いハンデ。
この展開で勝ち馬から0.2差6着は大健闘といえる内容。充実期。
次走は阪神1600のマイラーズカップあたりと予想。

ダノンヨーヨー
ほぼ最後方から上がり3F33.2の足で迫るも勝ち馬から0.3差の7着。
レース直後北村友一騎手の騎乗に非難が集まっていたが、もともと追走にもたつく馬で、このペースだとこの位置取りしか出来ない。
そもそもスローペースの上がり勝負か、もっと前が速くなって先行馬が完全に潰れる流れになるなど、展開の助けが必要な馬。この結果は極めて妥当で、評価を落とす必要は無し。次走以降人気を落とすようなら狙い目。

フラガラッハ
条件戦上がりで単勝10倍とはいえ3番人気とかなり見込まれた。
前走とほぼ同じパフォーマンスで走っており、この馬も妥当な着順という評価。

カウアイレーン
最終的な着順は9着だが、内容は濃い。やや太め残しの仕上げだったが、逃げ馬二頭から大きく離された三番手で競馬をして芝マイルの自己記録を0.5秒更新。牝馬限定戦なら重賞でも通用。次走狙い目。

キャプテンベガ
過去にシルポートと数度対戦経験有り。
シルポートも当馬もコーナー2つの芝1600〜1800mで、ある程度流れるペースのレースが得意。
シルポートが逃げて残るような形が、この馬にとって一番得意なレース。(去年のエプソムCなど)
シルポートが出走しているレースにキャプテンベガが居たら、二頭セットで買うと面白いかも。

ネオヴァンドーム
前回も今回も適性外。前目に付けてしぶとく粘るタイプの馬で、ネオユニヴァース産駒らしく、内回り1600〜2000のレースに出走してきた時が狙い目。

1〜8着の馬はどの馬も好走した理由・敗戦した理由がハッキリと出ている印象で、展開次第で着順が入れ替わる余地は十分ありそう。
ここで負けたからといって人気を落としたり、逆にここで好走したからといって過剰人気するようならオイシイ。
posted by Lion at 06:29 | Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後出しきさらぎ賞予想&回顧

先週の根岸Sは軸のケイアイガーベラは見事に飛びました…
ただその代わり、穴として推奨したダイショウジェットは見事3着に。
でもこれじゃ馬券は当たらないので駄目ですねw

京都牝馬Sは追いかけ続けていたショウリュウムーンが、
馬券を買えない時に限って頭で来てしまいました。相性悪いなー。



今週の重賞ですが、ガチで予想したのはきさらぎ賞のみだったので、そちらの後出し予想だけ。

◎トーセンラー
○コティリオン
▲オルフェーヴル


鞍上がそれぞれ安藤勝己騎手、デムーロ騎手といい感じに乗り替わったディープインパクト産駒の二頭を中心視。

乗り替わりもそうなんですが、一番の買い材料として挙げたかったのは、
内回りのコースを中心に使われてきたこの二頭、
どちらも明らかにゆったりとした外回りのコース方が得意そうだということ。

そのイメージ通り、データを調べてみるとディープインパクト産駒全体の京都外回りコースの戦績は相当優秀なものでした。
少し足の速いダンスインザダーク産駒、といったイメージでディープインパクト産駒を評価している自分としては、この二頭を評価せざるを得ない、といった感じ。

▲評価のオルフェーヴルですが、前走京都外回りの1600mで好走しているので、相手関係を見る感じではこの馬かなと。
他にはウインバリアシオンが人気していましたが、ハーツクライ産駒はディープインパクト産駒とは逆に、内回りの直線の短いコースでスパっと切れる脚を使う方のサンデーサイレンスだという認識だったので、思い切って切り。

レースは柴原騎手のリキサンマックスが単騎で後続を大きく離した逃げ。
離れた二番手に幸騎手のメイショウナルト。
コティリオンはスタート直後につまずいて大きく出遅れ、後手を踏む形に。

3コーナーあたりでトーセンラーのデムーロ騎手が前を捕まえに行く為にロングスパートをかけに行きましたが、他の騎手はなかなか動けず。
結局大きく逃げたリキサンマックスをゴール前で僅かにトーセンラーが捕らえて、離れた三番手にオルフェーヴル。
コティリオンは直線いい足で突っ込んできましたが、最初の出遅れが最後まで響きました。

デムーロ騎手は早めに動いてしっかりと捉えきる、流石といった感じの騎乗でした。
逃げたリキサンマックスはしぶとく粘りましたが、勝ち馬の末脚に屈した形。
三着オルフェーヴルは上がり3Fタイム33.2秒と最速タイム。これ以上詰めるのは厳しいので、道中の位置取りが敗因。


結果的には、関西でおなじみのスローの前残りレース。

レース後に池添騎手が「3コーナーで行かせてしまったら、今まで教えてきたことが台無しだから」というコメントを出してます。これは本音だと思います。

確かに騎手にとってはお手馬に競馬を教えるという事も大事なのかもしれませんが、
競馬を支えているのはお金を賭けているファンであるという事を考えれば、
たとえ事実であってもファンの感情を逆撫でするような発言は慎むべきじゃないかなぁと思います。

プロの騎手なんだから、馬に競馬を教えながら、結果を残す事もして欲しい。。

ファンは自分が馬券を買ってる騎手が勝つ為に最善を尽くしてくれると信じているから買うわけだし、
騎手もそれに応えようとするのが健全な流れなはず。
競馬サークル全体の意識改革を行うことが、どんなイベントやCMよりも売り上げアップ(競馬人気)に繋がる気がします。
posted by Lion at 04:29 | Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする