2016年04月18日

2016年 第76回皐月賞 予想と買い目の話

2016年 第76回皐月賞
〜日本で猛威をふるう母母父サドラーズウェルズ〜

─────────────────
予想と買い目

◎リオンディーズ 単勝 3万円 はずれ
─────────────────

競馬をよく見ていて、血統に少しでも興味のある方なら、サドラーズウェルズという種牡馬の名前はよくご存知だろう。
サドラーズウェルズの血を引く馬はパワーと持久力に優れ、ヨーロッパの重たい芝に抜群の適性を示した。
自身は2011年に没したが、後継種牡馬のガリレオなどを通じてそのDNAは世界中に拡散している。

日本の軽い芝を走るにあたっては、サドラーズウェルズの血は重厚すぎて足かせとなるイメージを持つ方が多いだろう。
もちろん私も、彼に対してその印象を強く抱いている。
事実、サドラーズウェルズの直系種牡馬は、JRAの種牡馬ランキング上位50頭まで見ても1頭しかランクインしていない。
競走馬の血統表を眺めるのが私の日課だが、その名前を見つけるだけでいくらか割り引いて見てしまうほどに「サドラー嫌い」だという自覚がある。

ところが近頃は大レースで「この馬はサドラーズウェルズの血を引いているから大したことはないだろう」と、ナメてかかっていた馬が勝つパターンが非常に増えてきた。
高松宮記念を制したビッグアーサー。牡馬クラシックを賑わすエピファネイア、リオンディーズきょうだい。
古馬GIを制したトーセンラー、スピルバーグきょうだい。そしてダート界を席巻するラニ、アウォーディー、アムールブリエきょうだい。
挙げ始めればキリがないが、パッと思い浮かぶだけでもこれだけ名前が出てくる。

これらの馬の血統表を眺めて気がついたのは、祖母の父がサドラーズウェルズだということ。
遺伝力が非常に強い大種牡馬ゆえに、直仔や母父の代ではその重厚さがネックとなったが、代を経て他の血と混ざり、薄まることで丁度いい濃さになっているのではないだろうか。
まだ仮説の段階だが、マイルドになった重厚さが、母系を支える強力な支柱と化しているとすら思える。
私にとって底力の代名詞といえばリボーやハイペリオンだが、そこへサドラーズウェルズも名を連ねつつあるのかもしれない。
昨年、POGのドラフトで「サドラーズウェルズの血を引くキングカメハメハ産駒はいらない」とリオンディーズを切り捨てた私だが、恥を忍んで皐月賞の本命に挙げてみよう。
馬券は潔く単勝のみ3万円だ。レース後には、母母父サドラーズウェルズ時代の到来を感じている私の姿があるだろう。和解の時が来た。

【レース後】
驚異的なレコードタイムで母母父サドラーズウェルズが皐月賞を制した。ついに日本にもサドラーズウェルズの時代が来たのだ。バンザイ、サドラーズウェルズ。
もちろん勝ったのは・・・、8番人気の伏兵・ディーマジェスティ。
そう、母母父サドラーズウェルズはもう一頭いたのである。
ちくしょう!

おわり
posted by Lion at 01:48 | Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

〜馬を信じた騎手の勝利〜天皇賞回顧

まずは結果から。

天皇賞(春) 京都芝3200

1:ヒルノダムール
2:エイシンフラッシュ△
3:ナムラクレセント○
4:マカニビスティー
5:トウカイトリック
6:マイネルキッツ◎
7:ビートブラック△
...
11:ローズキングダム▲
13:トゥザグローリー△

〜各馬の印象〜

馬を信じて、ギリギリまで追い出すのを我慢したニ騎が上位に。
きちんと折り合ったこの二頭は偉い。

ヒルノダムールは菊花賞の騎乗を見ているととてもじゃないが買えなかった…
前に行った馬がほぼ全滅する形になった結果、相対的に浮上。折り合いゲーの王様藤田のいい所が出た感じ。
馬自体の能力はあまり変わっていないように思える。

2着のエイシンフラッシュは、勝ち馬に馬体を併せるところまでは良かったが、併せてから勢いが無くなってしまった。
神戸新聞杯のローズキングダムとのたたき合いも負けているし、俗にいう「勝負根性」的なものが足りないのでは。乗り難しい馬。
内田騎手がそれに気づき、次走以降工夫してくるかどうか。単純な性能だけで言えば勝ち馬より明らかに格上。

トゥザグローリー、ペルーサはやはり3200のレースに向かず、人気を裏切る形に。2000〜2400のレースでお会いしましょう。

ローズキングダムはもう少し勝負になると思ったが、こちらもダメ。

ナムラクレセントは出遅れでの約3馬身差のロスが響いた形。それでも勝ち馬から2馬身差の3着まで来ているのは適性と能力の高さの証明。要チェック。

マイネルキッツの松岡は入れ代わり立ち代りのレースに翻弄され、唯一の仕掛けどころでも和田に出し抜かれた形に。
それでも6着には残っているのは高く評価したい。しかし、年齢が… 来年はどうでしょうね。

4着・5着のマカニビスティー、トウカイトリックは、実力で来たというよりは、展開の助けで来た感じ。評価据え置き。次走以降人気するようなら切る。


〜結論〜
今回のレース結果から評価を上げたいのはナムラクレセント(と和田騎手)のみ。
ヒルノダムールが次走で過剰に人気するようなら嫌いたい。
posted by Lion at 17:53 | Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

マイラーズカップ考察

またしてもレース後に後出しで予想を出して考察する形に。
本当はレース前に出したいんですけど、土日は競馬に必死で毎回この時間になってしまう…。

レースの位置づけ
安田記念の前哨戦として、GIを狙う馬が多数集まるこのレース。
東京新聞杯組から7頭の馬が出走し、舞台が府中から阪神に移る事が予想の肝になりそう。

狙いと予想
東京新聞杯回顧より引用)

>1〜8着の馬はどの馬も好走した理由・敗戦した理由がハッキリと出ている印象で、展開次第で着順が入れ替わる余地は十分ありそう。
>ここで負けたからといって人気を落としたり、逆にここで好走したからといって過剰人気するようならオイシイ。

というわけで、東京新聞杯の上位8頭から、今回展開が向きそうな馬をチョイスしたい。

>シルポート
>終始ファイアーフロートに競られて最初の二ハロンで足を使わされ、その後もペースをほとんど落とせないまま直線へ。
>斤量58kgはGI勝ちのショウワモダン(15着)に次ぐ2番目に重いハンデ。
>この展開で勝ち馬から0.2差6着は大健闘といえる内容。充実期。
>次走は阪神1600のマイラーズカップあたりと予想。

東京新聞杯で突っつかれたファイアーフロートは今回いない。
同形のコスモセンサーは同厩(西園厩舎)で、無理に競り合うメリットが無い。単騎逃げ濃厚。
距離、コースも合い、斤量が58→57kgに。鞍上は手が合っている小牧に戻る。
勝ち負け。

◎シルポートが逃げきる前提で、何が来るか。
ペースを落とさず淡々と逃げたあと、持ち前のしぶとさで粘るのがシルポートの特徴で、過去の勝ちレースを見る限り、前残りが非常に多い。溜めてズドーン!というタイプは来ず、追い込みはせいぜい3着まで。

スマイルジャックや、キングストリートのようなタイプは嫌いたい。
来るとしたらこのメンバーの中で一番切れそうな△ダノンヨーヨーぐらい。それもあって3着まで。

というわけで、過去のシルポートの勝ちレースで上位に来ている(相性の良さそう)な馬をピックアップ。

○ライブコンサート また内枠を引けたのが大きい。前々で競馬してロス無く回って来れれば。鞍上が和田なら言う事無しだったのだが…
▲ゴールスキー ある程度の位置に付けつつも、速い上がりを使えるいい馬。鞍上福永も魅力。
△ダンツホウテイ ▲と似たようなタイプ。斤量が増えるのがどうかだが、人気が無さすぎ。
△ガルボ 京都金杯の2着を評価。調教○。番手で競馬してくれれば。
△ショウワモダン 復調気配。真の買い時はこの更に次な気もするが、後藤騎手から横山騎手への乗り替わりが不気味。

買い目
三連複1頭軸流し

◎シルポートから、
○ライブコンサート
▲ゴールスキー
△ダンツホウテイ
△ガルボ
△ショウワモダン
△ダノンヨーヨー

レース内容と結果
予想通り◎シルポートの単騎逃げ。
コスモセンサーは予想通り無理に競り合わずに、控える形。

○ライブコンサートは鞍上が追っつけているのに、何故か控える格好に。謎。

▲ゴールスキーはスマイルジャックをマークして後方に。オイ、祐一…。

△ガルボ、△ショウワモダンは予想通り、前々の競馬。

意外だったのが△ダノンヨーヨー。普段とは完全に違う位置取りで、かなり前の方へ(とは言っても4〜5番手)。
▲ゴールスキーにして欲しかった競馬を、なぜか△ダノンヨーヨーが…。まあいいや。

△ダンツホウテイは斤量が重いのか、鞍上の判断なのか、ある程度前に行くものの途中で抑える。



1000m通過が58秒。リードは十分。余力も十分。

文字通り馬券を握りながら見ていた僕は、この時点でシルポートの逃げ切りをほぼ確信しました。

(あとはガルボ、ショウワモダン、ダノンヨーヨーの中から2頭が来れば…!!)

〜以後、レース見ながらの僕の心情〜

直線向いて、2番手に4馬身差!2番手はよく分からない馬だ!弱そう!大丈夫!
外からダノンヨーヨーとガルボが来れば完璧や!!

うおおおお!!!ショウワモダンが最内ついてきた!!これはアツい!!!!!ええぞノリ!!

アカン!!!伸びへん!!でも3着なら・・・!!

おい!内の変な馬まだ残っとるぞ!!外からあと2頭来い!!ガルボ!ヨーヨー!頼む!

ヨーヨー来た!!来た!!!!


おいいいいい!!!!変な馬残ったぞ!!!!!!!!!

これショウワモダン4着ちゃうんか!!!(※アパパネにハナ差交わされてました)

変な馬居なかったらシルポ-ヨーヨー-モダンで当たりや!!
何倍付くんや!!!

1736倍!?!? アアアアアアア!!!!!

なんやねんこの馬!!!だれが乗っとんねん!!!!!

オイ!!岩田かい!!!!!!!
クレバートウショウってなんやねん!!!そんな変なん来んなや!!!




(とりあえず)反省

シルポートが逃げ切り、ある程度前に付けていた馬がそのまま2・3着に来る、という予想は良かったのですが…
クレバートウショウ、完全にノーマークでした。降参。


本番の安田記念も、単騎逃げが見込めそうならシルポートを狙ってみたいです。
きっちり最速上がりを記録しているスマイルジャック、復調模様のショウワモダン、府中マイルなら差しきれそうなダノンヨーヨーあたりを次走注目馬として推奨します。

ガルボ、ゴールスキー、フラガラッハあたりは、、よく分かりませんね。
力はあると思うので、気配次第では。

長文でしたが、ここまで読んでくださってありがとうございます。
posted by Lion at 05:04 | Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする