2012年09月28日

2012/9/29(土)中山11R予想

前回記事 にアップした、闇ホース・得ホースのデータを使って馬券を組んでみようと思います。

今日のサンプルレースは中山11R。使用するデータは以下の二つです。
2012_09_28_準OP_闇ホース.htm
2012_09_28_準OP_得ホース.htm

1番人気は闇黒ホースの9ランリョウオー
過去1年以内の成績は0- 3- 0- 1/ 4と、ずっと人気しながら勝ちきれていません。
毎回毎回上がり最速で追い込んでくるけれど、一頭交わせず2着…というのが毎度おなじみのパターンです。
人気していますし、ここでも他の馬が勝つと決めつけて買います。

ランリョウオーの期間内複回値は105。1年間ずっと買っても儲かる計算なので必ず相手には入れましょう。
複勝やワイド、三連複でもいいのですが、どうせ2着だろうとタカをくくれるなら高配当チャンス。馬単や三連単の2着欄に塗りましょう。

軸は超得ホースの1コスモソーンパーク
期間内の成績は3- 1- 3- 2/ 9です。1着と3着が多いですね。着順指定系の馬券向きかも。

相手は、近3走で補正タイム100以上を出してる馬から。
昇級込みで100の2ダイワマッジョーレ、同じく101の10ミヤビファルネーゼ、同102の13サトノタイガーまで。

16アカンサスは大外+休み明け+斤量2kg増で人気してるので切る方向で。

どうせ不まじめな馬券ですし、データ通りきっちり決まった時にたくさん払い戻せる買い方をします。
コスモソーンパークの単勝、ランリョウオーとの馬単・三連複、コスモソーンパーク1・3着、ランリョウオー2着固定の三連単を買ってみましょう。

印的には、
◎コスモソーンパーク
○ランリョウオー
▲ダイワマッジョーレ
△ミヤビファルネーゼ
△サトノタイガー

こんな感じで。

WS000001.JPG
posted by Lion at 23:12 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

2012年北九州記念 予想

予想法の記事の続きは日曜の夜に…。
その前に、北九州記念の予想です。

小倉1200mはスタートから4コーナーまで下り坂で、直線には坂がありません。
加速しやすいコースの構造上、最初から調子よくビュンビュン飛ばして、最後に失速する中どこまで足を伸ばせるか、というレースが殆どです。
重賞クラスまで上がるとテンの速さは尋常ではなく、32秒台が当たり前。
こういったレースでは、斤量比(斤量を馬体重で割った比率)が与える影響が非常に大きくなります。
過去6回のうち4回斤量53kgの馬が勝っているのは見逃せないポイントでしょう。

3歳(0-1-0-12)
7歳以上(0-0-1-14)
逃げ馬(0-0-0-6)
斤量比11.6%〜(0-2-1-24)

速いペースの経験が少ない若い馬、速いペースについて行けないお年寄り馬、
展開が向かない逃げ馬、馬格に対して重い斤量を背負う馬…。
過去傾向を見るといずれも良くありませんので、パッパと消しちゃいましょう。

速い持ち時計が無いタイプも消してしまいます。1分7秒台で馬券に絡んだ事が無い馬は今回は出番無しと言うことで。

残ったのは、
3ボストンエンペラー(斤量比11.4%)
4ヘニーハウンド(11.1%)
6エーシンヒットマン(11.6%)
8エーシンリジル(11.4%)

の4頭です。
斤量比は全て今回の斤量を前走の馬体重で割ったもので算出しています。
エーシンヒットマンは前走で馬体重を大きく減らしていたので注意。

馬体重計量後なら、TARGETを使えば簡単に斤量比を調べる事が出来ます。
WS000000.JPG

一応の本命は最軽量の◎3ボストンエンペラー
速い持ち時計があり、斤量もお手頃。枠もロス無く競馬の出来るいい所を引きました。

相手は前述の○6エーシンヒットマン、▲8エーシンリジル、△4ヘニーハウンドで。

15エーシンヴァーゴウにはここで飛んでもらって、斤量が軽くなるセントウルステークスで来てもらいたいなぁ。
posted by Lion at 04:00 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

2012年関屋記念 予想

ローテーション
過去5年の勝ち馬のうち、4頭が3ヶ月以上の休み明けでのもの。
夏に順調に使われてきた強みより、消耗せずここを狙って仕上げられて来た馬が優位。
ここを使っても秋まで使うレースが無いので、出走してくる休み明けの実績馬たちはほぼメイチの仕上げというのも影響しているでしょう。
とは言いつつも調整失敗で出てくる可能性もありますから、追い切りや当日の馬体重、パドック気配には注意したいところ。


馬場と展開
今の新潟の馬場は内が圧倒的に有利で、外回りコースでもロス無く好位で競馬をしている馬が残るケースが非常に多いです。
大外を回して頭まで突き抜けるのは、道中ペースが緩まず先行馬が足を溜めれなかった展開になった時だけでしょう。

今回のメンバーを見渡しても、レッツゴーキリシマのスロー逃げはほぼ濃厚。
こうなると32秒台前半の上がりを使える馬でもない限り、勝ち負けに加わるのは難しくなります。
馬の過去走の履歴だけではなく、騎手の積極性も加味して検討したいところ。

ドリームカトラス
叩き三走目にして調教強化。ゲート内での駐立があまり良くない馬で、差しに回ったレースは全て度外視可能。
本来の先行策を取れたレースに限定すれば、5-0-1-2と、素晴らしい成績を残しています。
今回大外枠に入って、ゲートで待たされる時間がほぼ無いというのは大きなチャンス。
上手くゲートを出れば、馬場も味方して大穴馬券を演出する可能性も十分にあります。

○はドナウブルー
今開催の新潟はディープインパクト産駒や、Danzigの血が入った馬の活躍が目立ちます。
ローテーションにも余裕があり、追い切りも及第点。脚質的にもピッタリで、普通ならここから入ります。

エアラフォンは内枠で内ラチ沿いに走った方がいいのと、ゲートが悪いのが欠点。奇数番の一番外、17番枠を引いたのでややマイナス。。
ゲートを上手く出て、岩田騎手特有の前付けして型にハメる競馬が出来ればといったところ。

△昨年の覇者レインボーペガサスも適性的にはピッタリだが、追い切りは去年の方が良かった。相手が強くなってどうかだが、このオッズなら買うのも手だろう。

エーシンリターンズゴールスキー
マイネイサベルスピリタスあたりは実力や適性的にも似通っていて非常に悩ましい存在ですが、
これらを全て買っていては儲からないので、腹を括って全て無印とします。
微妙な馬が4頭もいれば大抵1頭ぐらいは馬券に絡むので、三着まで当てないといけない三連複や三連単は見送ったほうがいいでしょう。

ドリームカトラスの単複と、○ドナウブルーとのワイドを買ってみたいと思います。
直前の気配次第では、ドナウブルーの単勝も買うかもしれません。
posted by Lion at 04:12 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする