2018年04月06日

2018年桜花賞予想 〜遺作のつもりで〜

持病や生来の障害もあり、思うように動かないこの身体やそれによる貧しさが恨めしい今日この頃。
正直なところ、ふとしたきっかけでいつ死んでもおかしくないと思えるほど生きるのが辛い。
死をリアルに意識させられると幼少の頃から現在に至るまでの様々な出来事を振り返ってしまうのは人の性なのだろうか。
中でもかなり古い思い出のひとつとして、子どもの頃親に連れられて阪神競馬場の公園で遊んでいた記憶が残っている。
自分の競馬好きの起源は間違いなく"そこ"で、競馬に関わる仕事で多少なりともお金を頂けるようになったきっかけの一つでもある。

偶然なことに、今週はその阪神競馬場で名物GI桜花賞が行われる。
このまま腐って死ぬのは癪だから、血統屋のはしくれとして遺作のつもりで桜花賞の予想でも遺してやろうとペンを取っている。
当たるか外れるかは分からないが、悔いのない予想ができればそれでいい。

少年が競馬場の噴水で泳いで遊んで怒られていたのは三冠馬ナリタブライアンがまだ現役で走っていた頃だから、おそらく95年頃だろう。
その頃の桜花賞は95年、96年と2年続けて人気薄の馬が制している。

95年ワンダーパフューム(7人気21.3倍)
96年ファイトガリバー(10人気27.3倍)

この2頭には、
・人気薄の差し馬
・プリンスリーギフトの血を引いている
という共通点がある。
ほかの90年台の桜花賞は上位人気馬が順当に勝っており、現在の桜花賞とは外回り内回りの違いこそあれど穴馬探しのロジックとしては面白い。

◎アンコールプリュは母オイスターチケットが*テスコボーイ(父プリンスリーギフト)の4×3かつこれまで差し戦法で結果を出してきており、件のロジックに該当する。
種牡馬プリンスリーギフトはファロス=フェアウェイの3×3、ブランドフォードの4×3、ザテトラークの4×5とクロスのきつい種牡馬で、輸入当初は早熟の短距離血統として見られていたという。
プリンスリーギフトはゲインズボローの血の影響が強い肌馬と組み合わせると相性がよく、日本で4度リーディングサイアーを獲得した代表産駒の*テスコボーイもこのパターン。
◎は小柄だが、走りを見ると首を目一杯使って終いまで伸び続けるフォームに光るものを感じた。
前走フィリーズレビューでは前にいたリバティハイツを差し損ねた2着と惜敗したが、上がり3ハロン34秒7は出走メンバー中最速。
距離が伸びて外回りコースに替り、差し馬が台頭する展開ならばナスルーラ×ハイペリオンのナタ斬れ配合による一角崩しに期待できそうだ。

前哨戦のチューリップ賞組からは、2歳女王○ラッキーライラックを逆転できそうな馬は見当たらなかった。
▲プリモシーンは桜花賞向き配合のディープインパクト産駒で、△アーモンドアイは力のいる馬場ならばといったところ。

◎アンコールプリュ
○ラッキーライラック
▲プリモシーン
△アーモンドアイ
posted by Lion at 20:54 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

2016/5/7(土)の馬券(計6レース)

【新潟1R 障害未勝利】
◎9ヤマニンブルジョン 単勝10000円
2走前は4角手前の非越の際に落馬寸前になりつつも4着を死守。
前走は障害の難易度高い中山コースでバテたのが敗因。
平地時代の3勝はすべて新潟でのもので、当然ここがベストコース。
相手関係恵まれた感もあり、ここで決めて欲しい。

【新潟7R 500万下(牝馬限定)】
◎1クライミングローズ 単勝3000円
新潟ダートコースはコーナーの角度が厳しく前に行った馬がそのまま押し切るパターンが非常に多い。
過去2年当コースで最内枠を引き逃げた馬の成績は6-1-2-7。単勝で狙いたい。

【東京6R 500万下(牝馬限定)】
◎1ブラボーリリック 馬単マルチ総流し×100円=1800円
10頭中7頭がダート勝ち上がり組で、当然芝で勝ち上がった3頭が人気を集めている。
当馬は勝ち上がりこそダートだが、2走前には芝で0.1差の競馬をしており、ダート一辺倒というわけではない。
人気馬にオッズほどの強さを感じない為、ここから馬単マルチで振り回す。

【東京11R プリンシパルステークス】
◎15ショパン 単勝3000円
過去5年で1番人気が4-1-0-0と堅い傾向にあるこのレース。
追い切り気配が抜群で天皇賞馬を母に持つショパンは人気でも逆らえない。
キャリアの少なさが敬遠されて一本かぶりの人気ではないため、あえてここから入る手が強い。
鞍上にはデビューより一貫してデムーロ騎手を配しており、この馬に対する期待のほどが窺い知れる。

【京都1R 未勝利】
10エフハリスト 単勝3000円
前走と2走前の指数が優秀な2タマモベルガモが人気だが、先行して雪崩れ込む競馬しかできない勝ち味に遅いタイプ。
小牧騎手から戸崎騎手に乗り替わり鞍上強化となるこちらに馬券的妙味がありそうだ。
三走前にはまくる競馬も経験済みで、京都のダート1900mではこの経験が生きてくる。
ハーツクライ産駒は距離延長を得意としており、ここでもうひと押しがあるだろう。

【京都11R 京都新聞杯】
9ロイカバード 単勝5000円
過去5年の勝ち馬の父を見るとディープインパクト産駒が3勝、タニノギムレット産駒が2勝。
エルプシャフト、ロイカバード、ブラックスピネルの中から勝ち馬を探したいところだが、
サトノダイヤモンドとレプランシュの2頭にしか先着を許していないロイカバードに本命印を打ちたい。
この単勝オッズははっきり言ってつきすぎなので、ここまでに投資金を回収できていれば追加投資も考えたい。
posted by Lion at 02:00 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

2016/5/5(木)船橋11R かしわ記念 予想

【予想】:◎3サウンドトゥルー
【買い目】:単勝10000円+5000円
【結果】はずれ

【解説】
過去5年の上がり3F最速馬(同率含む)の成績:5-0-0-2

レースが行われる船橋競馬場は東京競馬場に比べて小回りで、コーナーを4回通過する。(東京は2回)
直線が短いため、3コーナー手前の残り4ハロン地点あたりから各馬は仕掛けていく事になる。
その為ラスト1ハロンの減速幅が大きく、差しが決まりやすい。
レコードを記録した今年のフェブラリーステークスは軽い馬場で行われた為、ペースの割に減速幅が少ない。
フェブラリーステークスの1着2着馬が人気を集めているが、今回のレースで問われるであろう資質を備えているかどうかは疑問符が付く(特に1着馬モーニン)。

ワンダーアキュートやホッコータルマエ、フリオーソなど、本質的には中距離がベストと思われる馬が差しきってきたのがこのレース。
中距離の差し馬が強いレースという事で、馬券的にはサウンドトゥルーかノンコノユメの二択だろう。
そこで参考レースになりそうなのが昨年のチャンピオンズカップだ。
ノンコノユメは、ぽっかり空いたインを突いたにもかかわらず最後には脚が上がってしまった。
一方、サウンドトゥルーは大外をぶん回したにも関わらず最後まで伸び続けており、優れた持続力を示した。
更にオッズ的にサウンドトゥルーの方が人気が無いと来れば、どちらを買うべきかは明らかだろう。

穴馬の台頭には期待できそうにないので、ここは単勝勝負だ。
posted by Lion at 01:15 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする