2014年01月12日

今週の芝の新馬戦勝ち馬評価

今週の芝の新馬戦では知り合いの出資馬が勝ち上がったり、POG指名馬が勝ったりしました。
どの馬からも素質を感じたので、この土日に行われた3つの芝コースでの新馬戦の勝ち馬評価を、気まぐれで書いてみようと思います。

土曜中山6R(芝2000m):マリアライト(めす・美浦:久保田貴士厩舎)
父ディープインパクト、母クリソプレーズ。
半兄にジャパンダートダービー勝ちのクリソライト、母の全弟にジャパンカップダート勝ちのアロンダイトなど。
当馬の兄や叔父にダートGI勝ち馬が居るように、パワーと底力を秘めた配合。
底力の問われる、上がりのかかる条件が向くタイプ。
この馬のパワーや底力は主に母父エルコンドルパサーに由来していて、具体的にどのあたりから来ているかと言うと、
Special=Lisadellの4×4・3クロスやら、
父Kingmamboの母母父父Graustark(RibotとHyperion、Son-in-Lawの組み合わせ)やら、
Nureyev≒Sadler's Wells3×2クロスやらに由来しているわけです。

で、その濃厚かつ強烈なクロスを、当馬の母母キャサリーンパーが継続しているしているんですな〜。
Sadler's Wellsの母父Bold Reason≒キャサリーンパーの父父Never Bendになっていて、これらの母母Be Faithfulがなかなか強烈な相似配合。
名牝La Troienneの強烈なパワーがここで継続されています。

Ribotの8×4クロスも見逃せません。Ribotの底力もキッチリと抑えられています。
三代母Rajput Princessの父Prince TajがBacteriophage≒Mumtaz Begumの3×2クロスになっている点も、Prince Bioが子孫に強く伝えたドロッと斬れる感じを増幅しています。

上がりのかかる条件がいいというのはこの血の影響が大きいと見たからです。

シアトルスルーの母父Poker、キャサリーンパーの父RivermanからNasrullah×Princequilloのニックス配合をクロスさせている点もGoodです。直線の長い府中コースでも最後までストライドを伸ばし続ける事が出来るでしょうね。

13.0-12.1-13.5-12.4-12.8-12.7-12.1-12.0-12.1-12.1という前が止まらない展開を、出遅れから外を回して差しきったというのは相当強い内容です。
オークスに出てきたら面白い存在でしょうね。


土曜京都6R(芝1600m):チョコレートバイン(めす・美浦:加藤征弘厩舎)
父ディープインパクト、母シャンクシー。
半兄にアーリントンC2着、ポートアイランドS勝ちのオリービンなど。
当馬の上は全て中央で2勝以上を挙げており、母シャンクシーは非常に優秀な繁殖と言える。

この肌にディープインパクトを付けたのは今年が初めてだが、これがなかなかいい組み合わせで、
ディープインパクトの五代母Hypericum≒シャンクシーの母父父父父Aureoleのニアリークロスが発生するんですなー。
母父のZilzalというやつもなかなかデキるやつでして、ディープと相性のいいNureyevを父に持っていたり母母Bold Exampleがラトロパワーを中心とした米血がこびりついたような母にBold Ruler×Princequilloのニックス配合を持ってきてて、これが小柄に出やすいディープ牝馬の貧弱さをよく補っているというわけです。
お母さん似のマイラーで、これがきょうだいで一番出世するんじゃないかな、と思ったり思わなかったり。
関東馬が関西の芝1600m以上の新馬戦に遠征をして勝ったのは2008年のロジユニヴァース以来らしく、大物の期待が高まります(PO馬なので頑張ってくださいお願いします)。
あわよくばハープスターやレッドリヴェールを脅かす存在になってくれないかしら。


日曜京都6R(芝1800m):レッドルシファー(おす・栗東:矢作芳人厩舎)
父ディープインパクト、母ヴァレンティン。
5番仔。兄弟に活躍馬は居ないが、三代母Muffitysの子孫にタイキシャトル、ピースオブワールドなど。

この馬が募集された当時、東サラの会員だった僕はこの馬の血統表を見て「Sadler's WellsにMill Reefの組み合わせのお母さんなんて、足が遅そうでとてもじゃないけど日本の高速馬場じゃ対応出来なそうだよなぁ」とだけ思って、カタログの次のページをめくりました。
それがですよ、京都の1800mの新馬戦であっさり勝ち上がるだなんて、おどろ木ももの木さんしょの木ですよ。
この距離に対応できた理由を自分なりに探っている最中なのですが、現時点の仮説としては…。

・母父King of Kingsが日本向け
サンデーサイレンス系×King of Kingsと言えばブライトラインさんがいますね。
芝とダートの両方で重賞を勝った足の速いお馬さんです。
僕はまずこのKing of Kingsとかいうよく分からない種牡馬について調べる事にしました。
するとですよ、主な勝ち鞍:愛ナショナルS、英2000ギニー(ともに8f)とあるじゃないですか。
「エッこいつマイラーだったの」というのがまず驚きです。サドラーっつったら漏れなく中長距離、そんな固定観念が僕の頭にへばり付いてたわけです。
ヨーロッパの中長距離といえばサドラーなわけで、そいつを短距離馬にしたオカンはよっぽど頑固なんやろなぁ…と血統表を見てみました。
こちら
ん…?A 1にHabitat?ニホンピロウイナーの血統表で見たことあるぞ…?
ニホンピロウイナーの血統表を見たら、父スティールハートがまさにそれでした。
血統表はこちら
Zummerudd≒スティールハートなわけで、ヴァレンティンの三代母はタイキシャトルのおばあちゃんなわけで、なるほどこの辺から良質なマイラー的要素を引き継いでるんだなと一人合点がいってウンウンと頷いておりました。

こいつもひょっとすると大物かもしれませんよ。次走が試金石ですね。

ここまで書いて三頭ともディープ産駒な事に気付き、「ああ、なんだかなあ」と思った今日このごろでした。

おわり
posted by Lion at 21:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

歴史的瞬間がすぐそこまで来ているからこそ、オルフェーヴルの強さの源について考えてみよう

おはようございます。凱旋門賞の発走まであと半日、
目下最大のライバルとされていたノヴェリストの取消により、
悲願の日本馬による凱旋門賞制覇はより一層近づいたと言っていいでしょう。
勿論競馬ですから、絶対は無いのですが、オルフェーヴルには絶対があると私は信じています(キズナファンの皆さんごめんなさい)。

前哨戦フォワ賞の鮮やかな勝ち方を見るに、5歳秋にしていよいよオルフェーヴルは競走馬として完成の域に達したと言えるでしょう。
3歳で3冠+有馬勝ちを達成したとはいえ、あの頃のオルフェーヴルはまだ成長途上でした。
とんでもない馬ですね^^;

オルフェーヴルの5代血統表を見ると、5代内にあるクロスはノーザンテーストの4x3のみです。
ステイゴールド×メジロマックイーンの配合の素晴らしさについては既に他の方々が散々考察されていますし、今更語る事もないでしょう。
今回、この記事ではあえてその部分ではなく、当馬の持つノーザンテーストの4x3クロスが与える影響について、
私の拙い知識と文章ではありますが、一生懸命語らせて頂ければと思います。

まずは、軽くノーザンテーストという馬について触れさせて頂きます。
ノーザンテーストはカナダで生産され、故・吉田善哉氏の指示のもと、現社台ファーム代表である吉田照哉氏によってアメリカのセリで買い付けられ、
フランスとイギリスで競争生活を送ったのち、日本に種牡馬として輸入されて来ました。
そして種牡馬として大成功し、1982年〜1993年の11年で10度リーディングサイアーに輝きました。
ノーザンテーストは産駒に大舞台での底力、そして古馬になっても衰えない成長力を伝えました。
「ノーザンテーストの産駒は3回成長する」という格言がありますが、この底力と成長力はどこに由来するものなのでしょうか。

ノーザンテーストの母母Lady Angelaは繁殖牝馬としてNearctic(カナダ年度代表馬、Northern Dancerの父)を、また孫としてそのNorthernDancerを輩出した紛うことなき名牝です。
ここで、ノーザンテーストの5代血統表を見てみましょう。こちら
ご覧の通り、ノーザンテーストは5代血統表内にLady Angelaの3x2という非常に濃いクロスを持っています。
Lady Angelaらしさがオンになってるからこそ、ノーザンテーストは成功した、と見るのが自然でしょう。

では、そのLady Angelaらしさとは何なのでしょうか。
Lady Angelaの父はHyperionで、Hyperionは1940年〜1954年の15年間で英リーディングサイアーを6度獲得しています。
Hyperionの母Seleneは現役時代22戦16勝、繁殖牝馬としてはHyperionの他にもSickle、Pharamond、Night Shiftなど活躍馬を多数輩出した名牝中の名牝で、そのSeleneとGainsborough(イギリスクラシック三冠馬)の間に生まれたのがHyperionなのです。
Hyperionは母Seleneによく似た、とても小柄なステイヤーだったそうです。

「稀代のネット血統論客」と評された団亭鞘次郎氏のWebページ、「不世出の名花」 ローズィレジェンド Rosy Legend
より引用させて頂くと…
「子馬の心臓のサイズに与える影響は、父馬よりも母馬のほうが大きく、父馬の影響は息子よりも娘のほうが大きい。したがって、馬の心臓の容量はX染色体による伴性遺伝に依存する」
「X染色体の方は、父(XY)から娘(XX)へ、あるいは母(XX)から(50%の確率で)息子(XY)および娘(XX)へ、という径路で伝えられることが知られています」とあります。

つまり、LadyangelaはHyperionのステイヤーとして優れた心臓を受け継ぎ、それを子孫達へ伝えたと考えられます。
そのLady Angelaの濃いクロスを持つノーザンテーストもとても小柄で、Hyperionらしさ、Seleneらしさがよく伝えられており、また、産駒にもその「らしさ」を伝えたからこそ、種牡馬として成功したのです。

オルフェーヴルの父ステイゴールドの叔父(ステイゴールドの母ゴールデンサッシュの全きょうだい)、
サッカーボーイも450kg前後の決して大柄とは言えない馬でしたが、卓越したスピードの持続力を武器に競走馬としても種牡馬としても大活躍を収めました。
昭和63年に函館競馬場芝2000mで叩きだされた1:57.8というレコードは、それから25年経っても未だに更新されていません。
このレコードを配合面から考察するにおいて、ノーザンテーストの影響無しには語る事は不可能でしょう。
さて、そのサッカーボーイの全姉とサンデーサイレンスの間に生まれたのが皆さんご存知ステイゴールドです。
ステイゴールドも母系通りの小柄な馬で、善戦マンとして現役時代からファンの多い馬でしたが、海外の柔らかくスタミナを求められる馬場では能力をフルに発揮する事ができ、ドバイシーマクラシック、香港ヴァーズと2つのビッグレースを制しました。
7歳までタフに50戦ものレースを走り続け、大きな怪我も無く引退レースまで衰えを見せなかったのは、やはりノーザンテーストの影響が強かったと考えられるでしょう。

さてさて、そろそろまとめに入らせて頂きます。
我らが望田師匠のブログのこちらの記事より引用させて頂くと、
天皇賞・春回顧〜うまくいかなかったときも、背中ポンポンで帰路に着こう - 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog
「ようするにステイゴールドの大物は、(1)母父メジロマックイーンでノーザンテーストの(ニアリー)クロス、(2)母系にデインヒルで母がRibotのクロス、この2パターンしかないわけですが、それは突き詰めればノーザンテーストの頑強さを増幅していることに他ならず、Lady Angelaの血を増幅していることに他ならないのである…という、毎度おなじみの口上で締めたいと思います」

とあります。

おぼろげながら、オルフェーヴルが持つノーザンテーストの4x3クロスの大事さが分かって頂けたでしょうか。
紆余曲折を経て、ついにオルフェーヴルは3度目の成長を迎えたと私は考えています。
競走馬として完成したパーフェクト・オルフェーヴルが今夜見せてくれるであろう「Lady Angela魂」を噛み締めながら、凱旋門賞を観戦したいと思います。

-完-
posted by Lion at 11:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

秋のダートGI戦線展望 -ハタノヴァンクールとホッコータルマエはダート界のトウショウボーイとテンポイントになり得るか-(2)

(1)よりつづき

端午ステークスから2ヶ月半、ヴァンクールは予定通り調整され、3歳のダートNo.1を決めるレース、ジャパンダートダービー(JpnI)に出走してきた。
堀厩舎の良血ストローハット、重賞4勝馬オースミハルカの息子オースミイチバン、ダービー7着、トゥザヴィクトリーの近親のクロフネ産駒トリップらが対抗馬として人気になり、、
ヴァンクールは1番人気ながらも単勝2.9倍と前走より人気を落としていた。
この馬のの強さを知っている僕は、このオッズを見て「ずいぶん舐められたものだなぁ」と思わずニヤリとしてしまった。
単勝馬券をしこたま買い、新たな3歳チャンピオンの誕生を気楽な気分で待つだけだった。

レースは予想通り、ヴァンクールが大外を回して圧倒的な力を見せつけ順当に勝利した。
上がり36.0、2着馬に付けた差は1馬身だが、着差以上に力の差があったような印象を受けた。

3歳チャンピオンとなったヴァンクールは、秋以降、古馬を相手にどこまでやれるだろうか。
そんな期待を胸に、僕はこの馬の秋以降の走りを心待ちにしていた。

ところが、4ヶ月の休養明けのヴァンクールは精彩を欠いていた。
緒戦のみやこステークス(GIII)では2番人気に支持されながらも見せ場なしの10着、GIジャパンカップダート(GI)では8着。
この二走でともに3着だったのはあのホッコータルマエで、僕の中ではヴァンクールもそれと同等以上に走ってくれるはずだった。
「こんなはずはない、何があったのだろう」と不安な気持ちに駆られた。

そうして迎えた秋三戦目・暮れの大一番、東京大賞典(GI)、ここでヴァンクールは転機を迎える。
ゲートが開いた途端、これまでのモタモタとしたとは違い、スイスイと前へ前へと進んでいくのである。
直線激しい叩き合いの末、惜しくも2番人気の上がり馬、ローマンレジェンドから半馬身差の2着に負けてしまったが、
前走ジャパンカップダート2着で1番人気に推されていたワンダーアキュートには頭差先着し、復調の兆しを見せた。

主戦の四位騎手が騎乗停止となり、代打として内田騎手が抜擢されたのが功を奏したのか、
実は叩き三走目のここが目標レースで馬の調子が良かったのか、地方の深いダートが合っているのか、
様々な憶測が飛んだが、僕にとってはそんな事はどうでもよくて、
あの強いハタノヴァンクールが帰ってきた事が、ただただ、嬉しかった。

ヴァンクールの次走は1月30日の川崎記念(GI)。
ここでも順当に力を発揮し、ワンダーアキュートを再度退けてGI二勝目。
次は恐らく、6月26日の帝王賞を目標にステップレースを使っていくんだろうなあ、と僕は予想した。

次走、3月13日のダイオライト記念(GII)では1.2倍のダントツ一番人気に推されながらも、逃げたオースミイチバンを差し損ねて2着。
その次の5月18日の平安ステークス(GIII)では59kgの斤量を背負わされていたし、ここも帝王賞の叩きだろうと見ていた。案の定、0.7秒差の5着。

そして、いざ目標レースの帝王賞。僕はハタノヴァンクールとホッコータルマエの再戦を見る為に、会社を急いで上がって大雨の中、大井競馬場へ向かった。
ハタノヴァンクールとホッコータルマエがそれぞれどんな姿で出てくるのか、パドックで見るのがとても楽しみだった。

まず、ホッコータルマエから。
ホッコータルマエは昨年のジャパンカップダートのあと、賞金を積むために月1ペースでレースに出ながら、中間もハードな調教をこなしつつ、メキメキと頭角を現していた。
GIII3連勝後、前走のかしわ記念(GI)ではエスポワールシチーを下し、ついにGIホースへと上り詰めたのだ。
パドックで見たホッコータルマエは、まさに絶好調と言った感じで、GI馬が6頭も出走するレースにも関わらず、ズバ抜けて良く見えた。
トモの筋肉がモリモリと隆起していて、まるでサイボーグみたいだと僕は感じた。

一方、ハタノヴァンクールはあまり調子が良くなさそうだった。
一言でいうと「ただの馬」になっていて、GI馬としての風格のようなものは見られなかった。
あまりにこじんまりと見えたので、少し心配になってしまったほどだ。
残念だが今日はホッコータルマエに負けるだろう、そう思って、僕はホッコータルマエの単勝だけを買った。
案の定、ホッコータルマエはGI馬5頭を相手に、真っ向勝負を挑んで見事に打ち負かしてみせた。上がり最速の完全勝利である。

悔しいが、現時点ではホッコータルマエの方が強いと言わざるを得なかった。

陣営がヴァンクールをどのように立て直してくるのか、気持ちを切り替えて僕はそれを期待することにした。
ダービー馬ディープスカイを手がけた昆厩舎のスタッフ達なら、また強いヴァンクールに仕上げてくるだろうと信じる事にしたのだ。

ハタノヴァンクールの次走には8/15のブリーダーズゴールドカップ(GII)が選ばれた。
前年の覇者かつ前年のJBCクラシック2着のシビルウォーが単勝2.0倍の1番人気で、ハタノヴァンクールは差のない2.1倍の2番人気だった。
残念ながら仕事の関係でパドック映像は見れず、レース直前に帰宅してネット中継で観戦するのが精一杯だった。
前走から2ヶ月の期間が空き、どこまで立て直してこれるのだろうかと、楽しみ半分、不安半分でハタノヴァンクールの単勝馬券を購入した。

結果から言うと、ヴァンクール陣営は見事に立て直しに成功していた。
GI2勝馬として、最も重い58kgのハンデを背負いながらも、上がり最速で2着のシビルウォーに2馬身半の差を付けて快勝したのだ。

「よし、ここからだ。秋のどこかで、チャンピオンになったホッコータルマエを倒すのはこの馬だ」と、思わずワクワクしてしまうような内容の濃いレースだった。

次にハタノヴァンクールとホッコータルマエが直接対決するのはいつになるのだろうか。
噂によると、ヴァンクールはこの後JBCクラシック(GI)に直行、ライバルのホッコータルマエは南部杯(GI)を経由してJBCへ臨む予定のようだ。

噂が本当なら、ホッコータルマエには南部杯を快勝したのち、チャンピオンとして堂々ハタノヴァンクールを迎え撃って欲しい。
ライバルというのは、強くないと盛り上がらないからだ。強ければ強いほど、打ち負かした勝者には箔がつくし、負けるとしたらなるべくこの馬に負けて欲しくないという思いがある。

ヴァンクールはJBCへの直行ローテーションだといきなりは厳しいかもしれないが、この秋のどこかのGIレースで再度ホッコータルマエを撃破して欲しい。
そして、来年以降も、テンポイントとトウショウボーイのように、互いにしのぎを削り合う名レースを繰り広げ、観客を魅了し、ダートのGI戦線を引っ張って行って欲しい。

僕は、心の底からそのように願っている。

どうか、二頭の駿馬に幸あれ。

-完-
posted by Lion at 21:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする