2015年06月01日

リアルスティールの話(3)

リアルスティールのダービーが終わった。

最初は、観に行くつもりはなかった。
暑いし、人が多くてロクに見えないだろうし、何よりおそらく負けるであろう現場に居合わせたくなかった。
朝、友人に「今日行かないと一生ダービーに行く気がしないから、一緒に行かないか」そう誘われた。
少し悩んだが、彼から誘ってくることはとても珍しい。
ならば、と、心を切り替えて電車に乗った。

競馬場について最初に目に飛び込んだのは、内田騎手の勝つシーンだった。
「ああ、あと10分早くついていれば単勝が取れたなぁ」と内心思った。
今日は内田騎手の馬券ばかり買おうと決めていたからだ。
内田騎手はダービーに騎乗馬がいなかったので、それ以外のレースで彼の馬券を買った。
その結果、ダービー前に5000円ほど儲かった。

その5000円をそのまま、ダービーのリアルスティールの単勝へ転がした。
「応援馬券の額と気持ちの強さは比例しない」という言葉をしばしば聞く。
僕は、この時その言葉を思い出して半分嘘だと思った。半分本当だとも思った。
50000円ぐらい買って死ぬ気で応援しようかという考えが脳裏をよぎった。
結局、レース結果に対する確信めいた予想があってできなかった。それがぼくのダービーに対する結論だった。

いよいよ本馬場入場だ。
返し馬のあと福永騎手は、リアルスティールをドゥラメンテの後ろで歩かせていた。
「ドゥラメンテの後ろで競馬をするつもりじゃないか」そう友人に言った。
「大いにあり得るんじゃないか」と友人。
「いや、それは、さすがに…」言葉では否定したものの、きっとそうだと思った。
皐月賞の結果を鑑みるにドゥラメンテの後ろで競馬をした場合、勝ち目はほぼ無い。
どうか自分の予感は外れてくれないか。

発走の時間だ。
ファンファーレが鳴り、11万人の観衆のテンションは最高潮に達した。
全馬ゲートに収まり、一斉にスタートした。

予想が的中することで嬉しくない競馬もあるもんだなと、そう思った。
福永騎手はドゥラメンテの後ろから競馬をした。
お世辞にも、力を出し切ったとは言いがたい内容で、4着に敗れた。
いっぽうドゥラメンテはそのポテンシャルをフルに発揮し、ダービー史上最速のタイムで二冠目を手中に収めた。
ドゥラメンテが勝ち、感極まる友人に握手を求め、心から祝福した。

その後また内田騎手の馬券を買ったが当たらず、友人とともに競馬場をあとにした。
帰りの電車と、降りたあとの喫茶店で彼と競馬の話をたくさんした。
僕なんかの話でも真剣に聞いてくれるいい友人だ。
また会おうと別れ、家へと帰った。

夜もふけて寝ようとしたが、寝付けなかった。
コンビニへ行き、ロクに飲めやしない酒を買った。
勢いで飲み干し、ベッドに横になった。

悔しいだとか悔しくないだとか、もちろんある。
ただ、今の気持ちに一番近そうな言葉は「嬉しくない」だ。
嬉しいの対義語。すごく、嬉しくない。

好きな女の子を、すごくいい男に取られた時のよう。
祝福する気持ちに嘘偽りはないが、決して嬉しくはない。
そんなダービーだった。

こんな気分でも、競馬をやめようとは微塵も思わないのはなぜだろう。
来週からはもう新馬戦が始まる。来年のダービーに向けての戦いの幕開けだ。

posted by Lion at 06:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

リアルスティールの話(2)

ついに、リアルスティールにとって最初で最後の日本ダービーの日がやってきた。

前回記事を書いた後、なかなかその(2)を書くつもりにはなれなかった。

スプリングステークス、皐月賞の負けが全く悔しくないといえば嘘になるが、同厩の先輩ダービー馬ディープブリランテも、スプリングステークスと皐月賞では負けている。
そのせいか、特別強い感情は湧いてこなかった。

が、しかし。
いざダービーを目前にすると、無視できない心境の変化があった。

つい先ほどまで、ダービーは買わずに見ようと思っていた。
金を賭けると、期待してしまう。
期待が大きければ大きいほど、裏切られたショックは大きい。
心に保険をかけた状態でないと、この先待ち構える結果を受け止められない、そんな予感がした。

ダービーで福永騎手の単勝を買うのは、自分の経験則に照らし合わせて考えると愚かな行為だ。
それでも、もう一度騙されてみようと思い始めている。
これは自分のポリシーに反する賭け方だし、祐一とリアルスティールが勝つところを見たいという「願望」が大いに含まれている。

そうつぶやいたとき、ひとから、ダービーは「それ」でいいんだ、という言葉をもらった。

心に保険をかけ、斜に構えて見たダービーにどれほどの価値があるのだろう。
正面から向き合って、陣営を、リアルスティールを、応援しよう。

勝っても負けても後悔のないレースをして欲しい、今はそれだけだ。
祐一、たのむ。
posted by Lion at 03:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

リアルスティールの話(1)

リアルスティールという馬が共同通信杯を勝ちました。
僕はこのレースを見て、彼に惚れました。

この馬をペーパーオーナーゲームで指名しているわけではないし、
ましてやサンデーレーシングで一口出資しているわけでもありません。
血統がすごいカッコイイだとか、馬体が美しいとか、そういう出会いでもありません。
なぜ好きになったのか、今の素直な気持ちを綴っておこうと思いこの記事を書いています。

共同通信杯はドゥラメンテが断然の1番人気でした。
母はGI馬アドマイヤグルーヴで、日本でも有数の血統馬です。
前走のセントポーリア賞がヤバかったんです。
珍しく気が向いて東京競馬場へ足を運んでいた僕は、生で見たドゥラメンテのあまりの強さにションベンちびりそうになりました。
「100回やって100回勝つ」ぐらいの勢いで他馬をちぎり、5馬身差を付けて圧勝。
ひょっとしてこいつは今年のダービー馬なのかもしれない…それぐらいのモノを感じました。

同じようにそう感じた人が多かったようで、今回も断トツの人気でした。
僕も最初は、この馬が勝つ馬券を買うつもりだったんです、が・・・。

僕が普段から仲良くさせて頂いている方が「この馬(リアルスティール)はディープブリランテみたいになるよ」と教えてくれたんです。
まだ一回しか走ってない馬の器の大きさが分かるというのは、とても凄いこと。
何度か走って結果を出している馬の馬券を買うのは簡単。
未知の魅力を感じて、リアルスティールの馬券を買いたくなりました。

本当は単勝を買いたかったのですが、前の日になにがしとかいう馬の馬券を買って外した僕には余分なお金がありません。
そこで仕方なく食費を切り崩して、リアルスティールとドゥラメンテのワイドを5000円買いました。
大した額ではありませんが、今の僕にとってはまさに身銭を切っているわけです。
外すと毎日豆腐を食う生活が待っています。
それでも、このレースに賭けたかった。参加したかった。

ゲートが開き、レースが始まります。
ドゥラメンテもリアルスティールも、前に行きたがりながらも騎手がなだめてそれなりのポジションを取りました。
レースは平均的なペースで流れて、いざ直線。

外から暴力的な勢いでドゥラメンテが伸びてきて、
「ああ、これは勝ったなあ・・・やっぱりこの馬は強いんだな」
たくさんレースを見てきている僕は、残り200メートルあたりでそう思ったんです。
でも、内からグイっとリアルスティールが抜け出してきた。
絶対勝ったと思ったドゥラメンテを追い抜いて、リアルスティールが1着に。

馬券が当たって嬉しいのが最初に来て、その次ぐらいにリアルスティールの強さを馬券に表現できた自画自賛の気持ちが湧いてきて・・・

レースが終わってしばらく経っても、
自分の周りの人たちは「ドゥラメンテはこれこれこうだから負けた」だとか、
そういう話ばかりしていました。

勝ったリアルスティールもすごい馬なんだけどなあ・・・
そう思うと、彼が愛おしく思えてきたんです。
彼にはもっと勝ってもらいたい、世間の評価を覆して欲しい。
あわよくば、ダービーを勝って一番になってほしい。
いつの間にか、僕は彼を応援したい気持ちでいっぱいになりました。

まだ彼がダービーを勝つかどうかは分かりませんが、久々にしばらく追いかけてみようと思う馬に出会えました。
記事のタイトルを(1)としたのは、(2)が書きたいなという気持ちの表れです。
勝って嬉しい気持ちで(2)が書けるといいな。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

つづく?
posted by Lion at 03:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする