2015年07月13日

種牡馬キングズベスト

当記事の内容は個人の主観及び希望的観測が大いに含まれています。
もしその通りにならなかったとしても責任は取れませんのであしからず。


ダービー馬エイシンフラッシュや凱旋門賞馬ワークフォースの父として知られるキングズベスト。
種牡馬として本邦に輸入され、ダーレー・ジャパン・ファームにて繋養されている。
2014年に初年度産駒が誕生し、現1歳世代がファーストクロップとなる。

一口クラブの募集馬リストが徐々に発表される時期になりましたね。
めぼしい募集馬のプロフィールに目を通すのがここ数年のライフワークですが、リストの中にキングズベストやその息子ワークフォースの名前をちらほらと見かけます。
日本での適性はどうか?産駒は活躍するのか?
社台スタリオンステーション繋養ではないので輸入種牡馬としての注目度はそれほど高くないですが、個人的にはかなり期待しています。

・牡馬狙いが成立しやすい
これまでに持ち込み及び外国産馬として日本へやってきたキングズベストの産駒は16頭います。
前述のエイシンフラッシュやダイヤモンドS勝ちのコスモメドウなどの活躍馬がおり、未デビューの1頭を除き、15頭がデビューし勝ちあがりは5頭。
一見あまり高い勝ちあがり率ではありませんが、牡馬・せん馬に限定すると5/10の高確率。牝馬は一頭も勝っていません。
勝ちあがった5頭の戦績を見ると出走したレースの平均距離は2108m(障害除く)と、かなり長めに出ています。
距離が延びれば延びるほど牡馬が優勢ということもあり、長い距離に適性のあるキングズベスト産駒は牡馬の活躍馬が多いのでしょう。
また、勝ち上がった5頭のうち4頭が4勝以上の活躍を見せている点も見逃せません。
持ち込み・外国産として輸入されているという事は一定以上の期待を受けていることになりますが、その期待に応えているといえるでしょう。

参考までに、Kingmanbo系つながりでキングズベストとキングカメハメハの牡馬の成績を比べてみました。
hikaku.png
キングカメハメハ産駒の勝ちあがり率は流石の一言に尽きますが、キングズベストもなかなかのものです。

・サンデーサイレンス牝馬との相性
豊富なスタミナを伝えるキングズベストの血を日本の高速馬場に適応させるには、スピードの補給が至上命題といえます。
Nasrullah、Royal Chargerあたりの血を積極的に取り入れていきたいところで、サンデーサイレンスは相性が良いでしょう。
キングズベスト×サンデーサイレンス牝馬の組み合わせは5代内にクロスを持たないため、母系の奥に強いクロスを持つ繁殖牝馬がベストと言えます。
瞬発力は十分に足りているので、HyperionやRibotなどのスタミナ血脈を注入するのも手です。
Sadler's Wellsを持ってきてKingmamboが母父に持つNureyevとの相似クロスを作る手もありますが、この場合母系の残りの部分から強烈なスピードを供給する必要があり打率は低いでしょう。

最後に、キングズベストとワークフォースの比較ですが、私はNureyef≒Sadler's Wellsの相似クロスがない分父のキングズベストの直仔の方が日本適性が高いと見ています。

また何かあれば別エントリを立ち上げるかたちで取り上げたいと思います。
posted by Lion at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。