2011年11月10日

パソコンだけで競馬予想 〜わたしのTARGETの使い方〜

なんだかエラそうなタイトルですが、
僕自身、他の人がTARGETという自由度の高いソフトをどのように使っているのか非常に興味があったので、
まずは自分の使い方を文章に起こしてみようと思い、この記事を書く事にしました。

普段僕が馬券をTARGETを使って買う時に、どういった使い方をしているのか、画像付きで説明していきたいと思います。

まずその日の番組表を開いて一番最初にする事は、チェック馬がどのレースに出走するかです。
「この条件で買う、この条件で切る」といった買い時をあらかじめ設定してある馬の出走レースをチェックする事で、その日の勝負レースを決めます。
チェック馬の印の内訳はこんな感じ。
「重馬場で買い」「無条件で逃げようとする馬」「次走買い」「危険な人気馬」「平坦専用」「小回り」「不良馬場」「乗り替わり待ち」
「内回り専用」「内枠」「距離延長」「コーナー4回で買い」「気性難」「出遅れ癖」「ダート変わり」「少頭数」「良馬場限定」

これらの印を馬ごとにつけています。
更に細くコメントを残したい場合、チェック馬コメントに記入するようにしています。
「内1400mベスト」「洋芝専用」「輸送×」など。

WS000002.JPG


次に、その日の午前中の傾向を分析します。
午前に馬券を買う場合は前日の傾向をチェックします。この場合、降雨や仮柵移動等の馬場情報は必ずJRAのページでチェック。

傾向を分析するには、【本日集計】から、「場所」で競馬場を絞り、芝コース・ダートコースを指定して・・・
騎手・調教師 / 種牡馬 / 通過順・LAP / 出目 あたりをチェックします。
芝のレースはレーシングビュアーの映像で4コーナー〜ゴールを見て、騎手がコースのどの辺りを通っているかもチェックして、イメージをしっかり掴むようにしています。

「内の芝が痛んでいるので、外を通る差し・追い込み馬が有利」
「降雨の影響で上がりの時計がかかるので、一瞬の切れ味タイプよりも長くいい足を使う馬」
「ニジンスキー持ちの馬が馬券によく絡んでいる」
こういった傾向が分かりやすくハッキリ出ている日は、馬券日和です。

今回は2011年11月6日の東京11R、アルゼンチン共和国杯を例に予想をしていこうと思います。
11Rまでに芝のレースは4レースあり、いずれも上がり3Fが1位の馬が勝っています。なので軸は差し・追い込み馬にする事にしました。
ただし、前に行った馬の粘りこみもそれなりにあるので、三連系の馬券を買うなら先行馬も抑えておきたいですね。

WS000003.JPG

アルゼンチン共和国杯の出馬表画面を開き、馬体重とオッズを更新。そして画面上部の【タイムランク】を開きます。
まず、左下のソート 内容から、「上がり3Fタイム」を選択します。
2500mという特殊な距離なので、基準距離が2500±200mではデータが不足気味です。ここでは「基準距離2500 ±500」「期間の限定 過去1年」としました。
これで、過去1年間の2000〜3000mでの出走各馬の上がり3Fタイム順に数値が並びました。。

WS000005.JPG


長期休み明けのオウケンブルースリが前走で出した上がり33秒1はスローペースとはいえかなり優秀。叩いた上積みも見込めそうで、素直に本命視。
そのオウケンブルースリに先着しているビートブラックと、東京2200mでのスローの上がり勝負で勝ち切っているカリバーンも評価します。

他にもヒモとしてこの日5回馬券に絡んでいる横山典弘騎手騎乗のキングトップガン、
菊花賞・天皇賞秋とGI2連勝中の池江厩舎所属のトレイルブレイザーも抑えました。
先ほど抑えておきたいと書いた逃げ先行馬ですが、該当する馬が多すぎて決める事が出来ませんでした。
というわけで、ここでは相手を絞って点数を減らす事で、外れた時のリスクを減らすことにします。

WS000004.JPG

券種は紛れがあっても当たる可能性がある、ワイドを選択。
オウケンブルースリから、印を打った馬の中でもっとも人気の低かったキングトップガンとのワイドを500円だけ買いました。
最低25.7倍ついていたので、横山騎手の立ち回り一つで1万3000円弱なら悪くない賭けですよね。
オウケンブルースリから馬連を流しで買う手もありますが、あまり積極的に馬券を買う気にはなれないレースだったので、見物料だけで大人しく観戦。

さて、結果は…

WS000006.JPG

ご覧のとおり、3着に残ったカワキタコマンドが抜けてハズレ。
印を打った5頭は1・2・4・5・6着とそこまで的はずれな予想ではなかったのがせめてもの慰め。

使われてきた馬が上位を独占した中、6着のキングトップガンは休み明けでこの内容。次走は相手関係にもよりますが、展開が向きそうなら狙い目ですね。
というわけでチェック馬マークを「次」に変更しました。



僕はレースによって騎手買い、血統買い、厩舎買い、パドック買い…取っ付き易いところから入って馬券を買うようにしていますので、毎回予想の仕方が微妙に違ってきます。
障害レースを買う時は血統しか見ませんし、ローカル戦では基本的に血統と厩舎と騎手重視です。


下級条件戦では【補正タイム】機能を重視しています。
近三走で補正タイム100超えの馬はもちろん、前走96以上のタイムを出して勝ち上がり、昇級してきた馬は必ず抑えるようにしています。
感覚的には、一つクラスが上がると補正タイムは5上がります。
つまり、前走500万条件で95の補正タイムを出して勝ち上がり、1000万に出走してきた馬は、100(格上げでも勝ち負け)ぐらいと見て良いわけです。
逆に、降級馬の一つ上のクラスでの補正タイムはマイナス5で見るとちょうどいい感じ。。
前走補正タイム105以上で1クラス降級なら、まず勝ち負けでしょう。

WS000007.JPG

分かりやすいケースとして11月5日の京都7Rを紹介します。
この時期の条件戦は、昇級組VS降級馬の図式になる事が多く、勝ち馬もどちらかから出る事がほとんどです。
まずは過去3走で現級で補正タイム95以上を出していない馬を消して、6頭立てにします。

昇級組は5ローマンレジェンドと6オーヴァージョイドです。
ローマンレジェンドの前走96に+5すると、101(勝ち負け)です。
オーヴァージョイドの前走92に+5すると、97(2・3着級)です。

現級勝ち経験のある降級馬二頭についても分析します。

WS000011.JPG

8トップオブカハラは中2週→中3週→中2週→連闘。大きな上積みは無さそうで、逆転までは無さそうです。

WS000008.JPG

11スーサンストリームは去年の11月27日から馬券に絡んでいません。これも頭は無さそう。

現級で勝ちきれておらず、底が見えている1メイショウカルロや2マーリンシチーも相手まで。

休み明けでも確実に仕上げてきて勝てる見込みのあるレースにしか出さない藤原英昭厩舎が、リーディングジョッキーの岩田騎手を起用してきています。

WS000009.JPG

追い切りでも優秀な時計を出してきていて、勝負仕上げ。

自滅しない限り、まず5ローマンレジェンドが勝つでしょう。

ここを1着固定にして、あとの5頭に流すと…

WS000010.JPG

この通り、三連複43倍、三連単108倍が綺麗に取れました。

補正タイム機能は非常に優秀なので、条件戦の予想の際にはいつも重宝しています。
ほぼそのまま数値が参考に出来る定量戦・別定戦では、是非とも補正タイムを参考にしてみてください。

以上、長くなりましたが、僕がどのようにTARGETを使って予想しているかの紹介でした。
少しでもこの記事を読んでくださった方の参考になれば幸いです。
質問や感想等、Twitterのリプライやここのコメント欄で頂けると嬉しいです。
posted by Lion at 08:17 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近ターゲットを知りダウンロードした者です。
正直僕にはまだ早すぎたのかと。。。

何故かと言いますと、使い方が分からないのは勿論の事、何を検索したいのか自分でもよく分かりません。

去年までは、重賞レースをたまに買うくらいで殆ど意味も分からず買っていました。

今年に入ってからは頻繁に競馬場に足を運ぶ事が増えました。

しかし、中々勝つことは難しく悩んでいます。

今は、必死に競馬の基礎から勉強しています。

Lionさんはかなりターゲットを使いこなしているので、羨ましいです。

何かアドバイスでも頂けたら幸いです。
Posted by モト シュンスケ at 2013年12月20日 00:00
モト シュンスケさん
はじめまして。お返事が遅くなって申し訳ございません。

最初は競馬の知識というか、競馬史を勉強する事から始めるのがいいかなと個人的には思います。

歴代のリーディングサイアーだったり、ダービー馬だったり…
競馬史に名を残している名馬を規範として、そこから自分の興味の向いた方向へ突き進めば、自ずと方向性も見えてくるはずです。

その結果TARGETを使う必要性が見つかったり、あるいは使わないで済むという事が分かったりするのではないかと。

僭越ながらもう一つアドバイスをさせて頂くとすれば、競馬場の近くにお住まいならば、まずは最寄りの競馬場のコースについて調べるところから始めるのが良いかなと思います。
コースの形態、枠順や脚質の有利不利、そのコースを得意とするジョッキーなど、、
TARGETはしたいことさえハッキリしていればツールとして非常に優秀ですが、したいことを提示してくれるツールではありません。

繰り返しになりますが、色んな角度から競馬について知って、興味を持った分野についての造詣を深めるというのが宜しいかと思いますよ。
Posted by Lion at 2014年01月12日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。