2011年05月01日

〜馬を信じた騎手の勝利〜天皇賞回顧

まずは結果から。

天皇賞(春) 京都芝3200

1:ヒルノダムール
2:エイシンフラッシュ△
3:ナムラクレセント○
4:マカニビスティー
5:トウカイトリック
6:マイネルキッツ◎
7:ビートブラック△
...
11:ローズキングダム▲
13:トゥザグローリー△

〜各馬の印象〜

馬を信じて、ギリギリまで追い出すのを我慢したニ騎が上位に。
きちんと折り合ったこの二頭は偉い。

ヒルノダムールは菊花賞の騎乗を見ているととてもじゃないが買えなかった…
前に行った馬がほぼ全滅する形になった結果、相対的に浮上。折り合いゲーの王様藤田のいい所が出た感じ。
馬自体の能力はあまり変わっていないように思える。

2着のエイシンフラッシュは、勝ち馬に馬体を併せるところまでは良かったが、併せてから勢いが無くなってしまった。
神戸新聞杯のローズキングダムとのたたき合いも負けているし、俗にいう「勝負根性」的なものが足りないのでは。乗り難しい馬。
内田騎手がそれに気づき、次走以降工夫してくるかどうか。単純な性能だけで言えば勝ち馬より明らかに格上。

トゥザグローリー、ペルーサはやはり3200のレースに向かず、人気を裏切る形に。2000〜2400のレースでお会いしましょう。

ローズキングダムはもう少し勝負になると思ったが、こちらもダメ。

ナムラクレセントは出遅れでの約3馬身差のロスが響いた形。それでも勝ち馬から2馬身差の3着まで来ているのは適性と能力の高さの証明。要チェック。

マイネルキッツの松岡は入れ代わり立ち代りのレースに翻弄され、唯一の仕掛けどころでも和田に出し抜かれた形に。
それでも6着には残っているのは高く評価したい。しかし、年齢が… 来年はどうでしょうね。

4着・5着のマカニビスティー、トウカイトリックは、実力で来たというよりは、展開の助けで来た感じ。評価据え置き。次走以降人気するようなら切る。


〜結論〜
今回のレース結果から評価を上げたいのはナムラクレセント(と和田騎手)のみ。
ヒルノダムールが次走で過剰に人気するようなら嫌いたい。
posted by Lion at 17:53 | Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。