2016年04月18日

2016年 第76回皐月賞 予想と買い目の話

2016年 第76回皐月賞
〜日本で猛威をふるう母母父サドラーズウェルズ〜

─────────────────
予想と買い目

◎リオンディーズ 単勝 3万円 はずれ
─────────────────

競馬をよく見ていて、血統に少しでも興味のある方なら、サドラーズウェルズという種牡馬の名前はよくご存知だろう。
サドラーズウェルズの血を引く馬はパワーと持久力に優れ、ヨーロッパの重たい芝に抜群の適性を示した。
自身は2011年に没したが、後継種牡馬のガリレオなどを通じてそのDNAは世界中に拡散している。

日本の軽い芝を走るにあたっては、サドラーズウェルズの血は重厚すぎて足かせとなるイメージを持つ方が多いだろう。
もちろん私も、彼に対してその印象を強く抱いている。
事実、サドラーズウェルズの直系種牡馬は、JRAの種牡馬ランキング上位50頭まで見ても1頭しかランクインしていない。
競走馬の血統表を眺めるのが私の日課だが、その名前を見つけるだけでいくらか割り引いて見てしまうほどに「サドラー嫌い」だという自覚がある。

ところが近頃は大レースで「この馬はサドラーズウェルズの血を引いているから大したことはないだろう」と、ナメてかかっていた馬が勝つパターンが非常に増えてきた。
高松宮記念を制したビッグアーサー。牡馬クラシックを賑わすエピファネイア、リオンディーズきょうだい。
古馬GIを制したトーセンラー、スピルバーグきょうだい。そしてダート界を席巻するラニ、アウォーディー、アムールブリエきょうだい。
挙げ始めればキリがないが、パッと思い浮かぶだけでもこれだけ名前が出てくる。

これらの馬の血統表を眺めて気がついたのは、祖母の父がサドラーズウェルズだということ。
遺伝力が非常に強い大種牡馬ゆえに、直仔や母父の代ではその重厚さがネックとなったが、代を経て他の血と混ざり、薄まることで丁度いい濃さになっているのではないだろうか。
まだ仮説の段階だが、マイルドになった重厚さが、母系を支える強力な支柱と化しているとすら思える。
私にとって底力の代名詞といえばリボーやハイペリオンだが、そこへサドラーズウェルズも名を連ねつつあるのかもしれない。
昨年、POGのドラフトで「サドラーズウェルズの血を引くキングカメハメハ産駒はいらない」とリオンディーズを切り捨てた私だが、恥を忍んで皐月賞の本命に挙げてみよう。
馬券は潔く単勝のみ3万円だ。レース後には、母母父サドラーズウェルズ時代の到来を感じている私の姿があるだろう。和解の時が来た。

【レース後】
驚異的なレコードタイムで母母父サドラーズウェルズが皐月賞を制した。ついに日本にもサドラーズウェルズの時代が来たのだ。バンザイ、サドラーズウェルズ。
もちろん勝ったのは・・・、8番人気の伏兵・ディーマジェスティ。
そう、母母父サドラーズウェルズはもう一頭いたのである。
ちくしょう!

おわり
posted by Lion at 01:48 | Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする