2014年05月26日

東京優駿(日本ダービー)2014 1番人気馬と気になる馬について

予想通りハープスターはやはり府中の2400mは向きませんでしたね。
それでも連を死守したのは能力の高さゆえでしょう。悲観する事は何も有りません。

今週は競馬の祭典、日本ダービーですね。
恐らく1番人気はフジキセキの実質ラストクロップ、イスラボニータでしょう。
ところが、芝2400〜のOP・重賞でのフジキセキ産駒の成績は良くありません。
【内訳】:0-0-1-0-5-21/27(過去5年)。

これはフジキセキがIn Reality経由でWar Relic3×3のクロスを持つことに由来すると考えられます。
War Relicという馬は硬さのある豊富な筋肉を子孫に強く伝え、パサパサのダートなど、力のいる馬場で適性を発揮します。
フジキセキ産駒で言えば、カネヒキリなどのイメージです。

pp09.jpg
カネヒキリ(競馬ブックさんより引用)

クラシックディスタンスやそれ以上の距離になると、しなやかさ、柔らかさ…細身でスラっとしていて、脚の長さ(特に後ろ脚)が求められます。
ダンスインザダーク、スペシャルウィークなどのイメージです。

c79a7a95e8a96604a4eaf775fb4cbf94.jpg
スペシャルウィーク(馬市.comさんより引用)

イスラボニータは母父Cozzeneの影響が強く、脚長で一完歩が大きく、ストライドを伸ばして走る馬です。
東京コース向きなのは明らかですが、距離に不安があります。
2400mという距離を克服して2冠を達成するには、ある程度ゆったりとしたペースで流れる必要があるでしょう。

イスラボニータに逆転できそうな馬の筆頭として挙げたいのがハギノハイブリッドです。
未勝利戦を勝ちあがり、2勝目を挙げるまでに時間を要しましたが、そこからの成長度に目を見張るものがあります。
500万下勝ちから中2週でGIIの京都新聞杯を制したというのは特筆すべき事項でしょう。
1週前のフォトパドックを見るとそこから更に上昇カーブを描いているように見えます。

血統的にも父はダービー馬タニノギムレット、母父はスタミナ豊富なトニービン、母母はスティンガーの全姉で、母母自身も東京2000mのGIIを制しています。
間違いなくダービー向きだと言えるでしょう。

また、所属厩舎が現役唯一2度ダービーを制している松田国英厩舎だというのも魅力です。
「最もダービーの勝ち方を知っている」男が、どんな仕上げで出走させてくるのか。
あまり人気はしないでしょうし、究極仕上げでの激走に期待したいところです。
posted by Lion at 12:21 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする