2014年03月26日

ボツネタ供養(JRAプラス10編)

「JRAプラス10」、競馬ファンの皆さんならご存知だとは思いますが、今回はそれに関するネタを少し。

普通なら複勝元返しになるところが、特別に上乗せして配当が110円になるアレです。
http://www.jra.go.jp/keiba/plus10/
といっても、単純に複勝110円を狙うだけの作戦では「やってみようかな」とはなりにくいので、もうひと捻りしてみましょう。
そこで、「複勝配当上限が110円の馬が居るレースを攻略する」という作戦で行きたいと思います。

複勝配当上限が110円の馬がいる平地のレースについて過去2年ぶん調べてみたところ、面白いデータが出てきました。
【単勝1倍台前半の馬の方が回収率がいい】
「1番人気を買い続けると必ず負ける」というのは有名な話ですが、実は単勝1倍台前半の馬は回収率が意外といいです(単87%/複96%)。
ところが、1倍台後半の馬になると単75%、複88%と一気にダウンしてしまいます。

勝率・連対率・複勝率で比較すると…
1倍台前半:65.9%/84.4%/90.0%
1倍台後半:46.1%/70.6%/81.1%

明らかな差がある事が分かります。

【京都外回りのGII、GIは危ない】
この2年の重賞で複勝配当上限が110円の馬のうち、馬券圏外に飛んだのは…
12年天皇賞春(オルフェーヴル:11着)
13年天皇賞春(ゴールドシップ:5着)
13年京都大賞典(ゴールドシップ:5着)
14年京都記念(ジェンティルドンナ:6着)

この4ケースです。すべて、京都外回りのGII・GIIという共通点がありますね。
ところがGIIIになると、3着どころか連すら外していません。

【1000万下も危ない】
こちらの画像ファイルの通り、1000万下は明らかに数値が低いです。
クラス別_複勝率.png

内訳を調べてみましたが、主に「降級」が絡んでいるケースが多いようです。
というのも、人気を裏切って飛ぶのは3歳の7月〜4歳の6月に集中しているからです。


・クラス再編のあとメイチ仕上げで好走→人気するも反動で飛び
・降級を見越してメイチ仕上げで好走→人気するも反動で飛び
・降級を見越して緩い仕上げで出走して飛び(降級後激走)

考えられる理由として挙げられるのはこのあたりでしょうか。
今回は1000万下のみを取り上げましたが、夏競馬の該当馬はすべてのデータにおいて春競馬・秋競馬を下回っていて、これらは同じ理屈で説明できるでしょう。


先週の阪神大賞典のゴールドシップ(複勝110円)の取捨に悩んだ方も多いのではないでしょうか。
僕は「京都外回りのレースではない」という理由から、アタマ固定で買えるという予想をしました。
結果は御存知の通り、人気に応えての快勝。
次走は京都外回りの天皇賞(春)ですが、さてどうなることやら…。
posted by Lion at 22:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

2014年中山記念_予想

去年の天皇賞(秋)勝ち馬のジャスタウェイを筆頭に、GI馬が4頭出走。
GIホース以外にも中山巧者が大勢揃い、非常に予想のしがいのあるレースになりました。

 2012年以降、中山の芝コースはエアレーションとシャタリングという技術を取り入れており、
馬場がなるべく柔らかくなるように調整されています。
この馬場を柔らかくする技術の影響が顕著に見られるのは開幕週で、レースを行うたびに芝が踏み固められていくため、徐々に効果が薄れてくるというのが持論です。
中山記念は開幕週に行われるため、馬場の柔らかさというのは予想を行う上で外せないポイントでしょう。

 また、年明けの中山開催は仮柵を設置したCコースでレースが行われていたのに対し、今開催は仮柵無しのAコースだということも見逃せません。
この2つの要素が重なるとどういった現象が起こるかというと・・・

・チチカステナンゴ産駒の好走
父父KaldounがRelicの4x4クロスを持ち、Fair Play系の持つ米的パワーを累進しているのが理由と思われる(特に母系にもFair Play系の血を持つ産駒の好走が目立つ為、この仮説の信頼性は非常に高い)

・ある程度レースが流れると外回りコース向きのストライド走法の馬(ナスキロ馬)が好走しやすい
昨年の京成杯AHの1着馬エクセラントカーヴや2着馬ダノンシャーク、ターコイズSの1着馬レイカーラ(ダノンシャークの半妹でもあります)などが典型例です。
柔らかくてスピードが出にくい馬場=走破時計、上がり時計ともにかかる馬場なので、ナスキロ血脈を複数持つ馬の差し追い込みが開幕週から…いや、開幕週だからこそ決まるわけです。

 だからと言って買い目をナスキロ柔いストライド走法の差し追い込み馬に極端に寄せればいいのかと言うと、それはやり過ぎです。
あくまで開幕週でAコースですから、逃げ馬もきちんとケアせねばなりません。
逃げ残る馬の見分け方としては、パワーが豊富な馬ですね。

 他に中山芝コースの開幕週での狙い目を挙げるとすると…
・Wコース調教馬(終い重点ではなく、全体時計を重視して持続力を鍛えるような追い切りをこなしている馬を特に評価しましょう)
・距離短縮馬(軽い馬場と重い馬場だと、後者の方がスタミナが問われます。日本の高速馬場とヨーロッパの重たい馬場をイメージすると分かりやすいかもしれません。)

 これらを踏まえて中山記念の予想を行うと・・・。
◎11トウケイヘイロー
CWコースで長めの距離からきっちり負荷を掛けている最終追い切りに好感が持てます。
また、父ゴールドヘイローの4代母Foreseer、母父父Mill Reefからナスキロ血脈をしっかり受け継いでいるのもポイント。父母父Seeking the Goldや母母父ノーザンテーストからFair Play的パワーもきっちりと供給されています。
他にこれといった逃げ馬も居ませんし、開幕週Aコースの恩恵をフルに受けられるのは大きなアドバンテージと言えるでしょう。勝ち負け。

○9アルキメデス
こちらも栗東CWコースで追い切られています。
血統的背景も十分です。母母ケイティーズファーストはRelicの5x4クロス、母父Seeking the Goldはトウケイヘイローの項で述べた通りFair Play的パワーをきっちり抑えています。何より母母Caressが優秀で、父母父にボルキロ血脈のSecretariatを入れつつ、母父Affirmed経由でFair Play6・6・7・7x6・6を、母母La Mesaはその母母Busanda(Buckpasserの母として有名)からWar AdmiralとLa Troienneの組合せを受け継ぎつつ、自身はナスキロの組合せを持っています。
位置取りには苦労しないタイプですし、好位からの差しがハマれば逆転まであるでしょう。

以下、
坂路追い切りの分評価は下げましたが、有馬記念からの短縮と母スターミーが持つA.P.IndyとCaerleonの組合せがハマりそうな▲6カレンミロティック
こちらも坂路追い切り、そして距離延長の分割り引きましたが、母ファンジカが持つLaw SocietyとSir Gaylordの4x5のナスキロ累進に期待したい△12ダイワマッジョーレまでを相手本線にしようと思います。

結論
◎11トウケイヘイロー
○9アルキメデス
▲6カレンミロティック
△12ダイワマッジョーレ
posted by Lion at 03:40 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする